薬局薬剤師が行う服薬指導の大切さ

調剤薬局に勤務する薬剤師の役割は、医師の処方せんに沿った調剤業務の他に、患者さんが他の医療機関で処方された薬を服用している場合には、副作用の確認をしたり、処方された薬の飲み方、副作用などについて患者さんに分かりやすく説明する服薬指導があります。
そのため、病院やドラッグストアに勤務する薬剤師に比べて患者さんと身近でコミュニケーションを取る機会が多くなります。
そして、この服薬指導を敏速かつ、的確に行うことができるようになることによってこそ、薬局薬剤師としての高い評価を受けることができるようになると言われています。
なぜなら、単に薬や処方せんについての知識を深めるだけではなく、それらの専門的な薬学に関する知識をいかに患者さんに分かりやすい情報に噛み砕いた形で提供できるかというコミュニケーション能力の高さが調剤薬局の業務の中では求められるからです。
上手く患者さんとのコミュニケーションを取るためには、じっくりと対話し、患者さんの他にも家族の声を聞いたりして、抱えている不安や問題点を一つ一つ解消してあげることができなければいけません。
決して一方的に薬に関する知識を説明するのではなく、患者さん一人一人の理解を確認しながら、その背景も考慮しつつサポート役に立てる存在でなければいけません。
これらの役割をしっかりと果たすことができれば、患者さんやその家族に心から喜んでもらえるとともに、自分自身も薬剤師としての存在意義を深く実感し、大きなやりがいを感じられるでしょう。