薬剤師の職場の勤務時間の長さや残業の多さ

薬剤師の勤務先の勤務時間の長さや時間外の多さは職場によって異なります。
残業が少ない薬剤師の職場の代表格が調剤薬局です。
特に眼科や耳鼻科、精神科などの診療科目が一つだけの診療所の薬局は処方せんの数も少ないため、残業はほとんど発生せず、比較的ゆったりと働きやすい職場です。
一方で大学病院や総合病院などの規模の大きな病院の近くにある門前薬局の場合は、時間外でも患者さんが訪れることが少なくないので、1日の取り扱い処方せんの数も他の薬局に比べてかなり多くなっており、時間外の勤務が発生するケースがかなりあります。
更に、駅前などの夕方以降も人通りが多い薬局の場合は、様々な病院の処方せんを取り扱うことが多く、勤務時間自体が長くなっています。
また、ドラッグストアの場合は、夜の10時頃まで残業が発生する場合が多く、閉店後の店内の在庫整理やレイアウトの変更などがある日には、残業が深夜にまで及ぶことも少なくありません。
ただ、ドラッグストアの併設薬局に勤務する場合は、時間外勤務が少ない傾向があります。
これらの残業や勤務時間の長さなどに関しては、それぞれの職種の求人を探す際に、あらかじめ確認しておくことがおすすめです。
特に転職支援サービスを利用すれば、事前にコーディネーターからその求人の残業時間の多さや頻度などを教えてもらえることが多いので、自分に希望に合った求人を選びやすいでしょう。
残業時間の少ない求人を探している薬剤師の方は一度、参考にしてみてるのがおすすめです。