薬剤師のブランクは何より慣れることが大事です

主婦をしていると結婚や子育てをする期間は、一旦仕事をセーブしたり、辞める方も多いです。
薬剤師など日々の業務も忙しいですし、シーズンによってはかなり忙しく、残業する時間も長くなるため家庭と子育てとの両立が厳しくなり退社する方も多いです。
一旦、子育てに集中してお子さんが大きくなった頃に仕事復帰したいと考えた場合、薬剤師の資格を持っていると人手不足ですし、求人数も多いためすぐ復帰することができます。
仕事復帰した当初は薬剤師のブランクは、改善するのに時間がかかるかもしれません。
新しい薬剤など多々出ていますし、小さいお子さんなど薬の調合をしたり、成分の説明や薬の配置や成分などブランクがあると忘れていることも多く、また覚えること増えるので一時期は集中して仕事をするので、体が疲れて帰宅後はバタンキューになることが多いでしょう。
また薬剤師のブランクは、1ヶ月ほどでかなり改善されるようになるため、最初は大変でも続けることが何より重要です。
薬局、ドラッグストア、会社など薬剤師の方が働く場所は多々ありますし、また業務内容も大きく違いがあります。
薬剤師の求人数も多く、自分のライフスタイルにあった働き方ができるのがベストな方法とも言えます。
1ヶ月ほど仕事をしていると以前の感覚が戻ってくるので自分なりに仕事をする感覚が体に戻り、自分のペースで仕事をすることができるので、最初の1ヶ月間は大変ですが次第に慣れてくるようになります。

ブランク薬剤師さんの体験談はコチラ
http://薬剤師ブランク復職.com/

薬剤師の職場の勤務時間の長さや残業の多さ

薬剤師の勤務先の勤務時間の長さや時間外の多さは職場によって異なります。
残業が少ない薬剤師の職場の代表格が調剤薬局です。
特に眼科や耳鼻科、精神科などの診療科目が一つだけの診療所の薬局は処方せんの数も少ないため、残業はほとんど発生せず、比較的ゆったりと働きやすい職場です。
一方で大学病院や総合病院などの規模の大きな病院の近くにある門前薬局の場合は、時間外でも患者さんが訪れることが少なくないので、1日の取り扱い処方せんの数も他の薬局に比べてかなり多くなっており、時間外の勤務が発生するケースがかなりあります。
更に、駅前などの夕方以降も人通りが多い薬局の場合は、様々な病院の処方せんを取り扱うことが多く、勤務時間自体が長くなっています。
また、ドラッグストアの場合は、夜の10時頃まで残業が発生する場合が多く、閉店後の店内の在庫整理やレイアウトの変更などがある日には、残業が深夜にまで及ぶことも少なくありません。
ただ、ドラッグストアの併設薬局に勤務する場合は、時間外勤務が少ない傾向があります。
これらの残業や勤務時間の長さなどに関しては、それぞれの職種の求人を探す際に、あらかじめ確認しておくことがおすすめです。
特に転職支援サービスを利用すれば、事前にコーディネーターからその求人の残業時間の多さや頻度などを教えてもらえることが多いので、自分に希望に合った求人を選びやすいでしょう。
残業時間の少ない求人を探している薬剤師の方は一度、参考にしてみてるのがおすすめです。

多彩な働き方を確立できる薬剤師

最近では、薬剤師が多彩な働き方を確立できる可能性があるのではないかと考えられており、自分に合ったスタイルで勤務する薬剤師が目立っているのではないでしょうか。このような特徴は、年代に関係なく多くの薬剤師に見受けられているため、柔軟に勤務の在り方を決定できると認識されています。他の仕事に比べても、このようなメリットは強いと考えられているため、薬剤師として長く活躍する人も少しずつ増えつつあるのではないかと思います。
薬剤師の人材は、現在多くの方面で必要とされているため、多彩な勤務のスタイルが期待できるのではないかと考えられています。そのため、これから新たに薬剤師になろうとする人にとっても、こうしたメリットは魅力的に感じられるのではないでしょうか。働く時間帯や勤務の頻度など、自分の生活に合わせた働き方を実践できる可能性が高いことから、様々なところでこの特徴が取り上げられているのではないかと推測されています。
薬剤師が自分に合った形式で働ける環境は、これからも普遍的に見受けられていくのではないかと予測されています。多彩な働き方が期待できるという特徴が、これまで以上に強く見受けられていくと考えられていることから、薬剤師になろうとする人がこれまで以上に多くなるのではないかと推測されています。また、自分のライフスタイルにマッチした働き方を実践する薬剤師の割合も、一層高まるのではないかと注目が寄せられています。

薬局薬剤師が行う服薬指導の大切さ

調剤薬局に勤務する薬剤師の役割は、医師の処方せんに沿った調剤業務の他に、患者さんが他の医療機関で処方された薬を服用している場合には、副作用の確認をしたり、処方された薬の飲み方、副作用などについて患者さんに分かりやすく説明する服薬指導があります。
そのため、病院やドラッグストアに勤務する薬剤師に比べて患者さんと身近でコミュニケーションを取る機会が多くなります。
そして、この服薬指導を敏速かつ、的確に行うことができるようになることによってこそ、薬局薬剤師としての高い評価を受けることができるようになると言われています。
なぜなら、単に薬や処方せんについての知識を深めるだけではなく、それらの専門的な薬学に関する知識をいかに患者さんに分かりやすい情報に噛み砕いた形で提供できるかというコミュニケーション能力の高さが調剤薬局の業務の中では求められるからです。
上手く患者さんとのコミュニケーションを取るためには、じっくりと対話し、患者さんの他にも家族の声を聞いたりして、抱えている不安や問題点を一つ一つ解消してあげることができなければいけません。
決して一方的に薬に関する知識を説明するのではなく、患者さん一人一人の理解を確認しながら、その背景も考慮しつつサポート役に立てる存在でなければいけません。
これらの役割をしっかりと果たすことができれば、患者さんやその家族に心から喜んでもらえるとともに、自分自身も薬剤師としての存在意義を深く実感し、大きなやりがいを感じられるでしょう。